マイクロカレントを使った治療

マイクロカレントを使った治療

マイクロカレントを使った治療

 

マイクロカレントは治療の分野でも使われています。

 

怪我の早期回復に非常に効果がある治療法であることから、体が資本となるスポーツ界などで利用されているそうです。

 

早期回復が目指せるのは、マイクロカレントが細胞組織の働きを活性化する効果を持っているからです。

 

怪我をしている部分は、筋肉などの組織が損傷している状態です。

 

私達は元々自己治癒力を持っていますから、その損傷は次第に改善されていきます。
ですが、マイクロカレントを流して細胞を元気な状態に導くことで自己治癒力を高め、傷ついた細胞の修復スピードを上げることが出来るのです。

 

その例としては、サッカー選手のデイビッド・ベッカムの治療が挙げられます。
彼が試合中に負った剥離骨折は、通常なら6〜8週間の怪我でした。
しかし、マイクロカレントを使った治療を行った結果、2〜3週間で復帰したそうです。
その当時、驚異的な回復だと話題になった程です。

 

 

ベッカム選手のような骨折を早期に治癒することをはじめとして、

  • 関節炎や筋肉の腫れ、
  • しびれや麻痺などの末梢神経系の故障、
  • 創傷治癒

などにも有効です。

 

このように、マイクロカレントを使った治療では、治療可能な適応範囲が非常に広く、様々な疾患の治療が期待できるのです。

 

また、薬を使った治療のような副作用の心配が少ないのも良いところです。

 

マイクロカレントを使った治療はまだ知名度が高くないのですが、今後注目される方法となっていくのではないでしょうか。

 

 


トップページ マイクロカレント基礎知識 マイクロカレント美顔器 サイトマップ